女性ホルモンを増やす,サプリ

女性ホルモンが減ることで起こる更年期障害の特徴

更年期というのは女性であれば卵巣の機能が衰えてきて女性ホルモンが減少してくる閉経が訪れるその前後の器官のことを指します。

 

そんな更年期障害というのはホルモンバランスが乱れてしまうことで身体や精神に不調をきたすことで自律神経失調症の一つだと言われています。

 

具体的な症状としてはホットフラッシュと呼ばれる身体がほてってしまう症状とかスウェッティングといわれる大量の汗が止まらないような症状、無気力感に襲われてなにもしたくないような気分になってしまう、イライラしやすい、うつ病っぽくなる、喜怒哀楽が激しくなる、寝つきが悪くなる、物忘れが激しくなったり記憶力が低下する、動悸や息切れをするなどいろいろとありますが、個人によって症状にはかなりばらつきがあるようです。

 

ただ、ほとんどの女性があると言われているのが、月経の周期の乱れです。
もうすぐ閉経を迎える女性は今まで定期的に月経が来ていた人も間隔があいてしまったりばらばらになってしまったりするようです。

 

よって、40歳過ぎてからは月経の乱れ+何らかの症状がある場合は、更年期を頭の片隅に置いておきましょう。